www.bigtugboat.com

外為取引(FX)に関しては取引所取引という所があります。日常的のFX(外国為替証拠金取引)業者とトレードを実施する行為を「店頭取引」と呼びますが、この取引については取引所を通さないでビジネスのパートナーは外為取引(FX)会社になります。「取引所取引」というのは外為取引(FX)企業はあくまでも橋渡しあるのでストレートのビジネス相手は取引所ということになるのです。その相違をこの場で少し比較してみましょう。初めに「店頭取引」の場面は預金してあるお金は外国為替証拠金取引(FX)会社に管理されているのです。一方「取引所取引」の際、証拠金は全額取引所に供託しなければならないと義務化されています。もし外国為替証拠金取引(FX)業者が経営の行き詰まりをするような事態が万が一あったとしても取引所取引は取引所によって資金は全ての額ガードされることになります。店頭取引の場合は外国為替証拠金取引(FX)業者が統括しているので、様子を見て会社破綻のしわ寄せをを受けて預金していたお金は防守されずにいくのかもしれないです。重ねて税金面からも両者においては取り決めに違いがございます。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップポイントなどを雑所得として給料と総額で報告をしないとなりません。ものの確定申告しなくても済むケースもある様ですのでわが身に相応するか当てはまらないか抜かりなく調査していただきたいです。アナタが労働者でサラリー2000万円以下、給与の所得を除いた収入が二十万円以下(2社以上の企業から給与所得が無いということ)という基準を守っているのなら例外措置で確定申告は不要で大丈夫です。外為収益が20万円以上の時は確定申告しなければいけません。税の割合は収益に従い5パーセントから40パーセントの6つの段階に均分されておりまして利益が高いならば税金も上がります。「取引所取引」に関しては、利益があればそれ以外の実入りとは分けておいて「申告分離課税」の対象となってしまいます。税率はすべて20%となるんですが、損金が確定したなら「取引所取引」の有益として損金分を次年以降に先送りするということができるのです。上記のように、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも低い税率になる事もありますので比較してみて考えた方が良いと思います。分けても新参者の場合、ジャスダック株価の浮き沈みや円の状況に日ごと気配りし、収益や欠損分にドキドキするあまり、税金を支払わなければならないという事実を忘れ易くなってしまうこともありますので、気をつけましょう。欠損分は困ります。でも、収益が値上がりすれば税金においても高くなるので注意と意識が大事です。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.bigtugboat.com All Rights Reserved.