www.bigtugboat.com

外為取引については取引所取引という所があります。通常のFX企業と商業取引をする行為を「店頭取引」と呼びますがこの取引においては取引所を通過させないで売り買いの目標は外為取引(FX)会社になるのです。「取引所取引」という場所は外為取引業者はあくまで橋渡し役であるので、率直の取引パートナーは取引所を意味する事になるのです。その違いを今少し比べてみます。まず「店頭取引」の時は預金しておるお金は外為(FX)会社に管制されています。片や「取引所取引」のケース、そのお金は全額取引所にデポジットしないといけないと決められております。仮に外国為替証拠金取引(FX)業者が経営破たんするような経験が万が一あったとしても後者は、取引所によって資金は全てのお金が防衛されているということになっています。店頭取引の場面は外国為替証拠金取引(FX)企業が統括しているから、様子により業者破綻のしわ寄せをに及び預金していたお金は防衛されずにいくのかもしれないです。そして税金の面からも両者に関しては内容に相違が存在します。「店頭取引」では、変動利益やスワップ利息などを雑所得として賃金と一緒に計算して届出をせねばなりません。だが確定申告せず済むケースもある様ですので、我に一致するのかしないのかよくチェックをお願いします。アナタがサラリーマンで年収二千万円以下給与の所得の範囲を超えた所得が二十万円以下(いくつかの会社から給与所得が無いということ)というようなのような条件を守っている状態でいるのなら特例というお話で確定申告は必要ありません。FXの利潤が20万円以上の場合は確定申告をするようにして下さい。税金の度合いは収益に伴い5%〜40%の6段階に均分されていまして、儲けが高いのなら税金も上がります。「取引所取引」では、収益があれば他の実収とは分けておいて「申告分離課税」の対象となります。税率はすべて20%となるのですが万一損がはっきりしたのであれば「取引所取引」の利益として損分を次年以降に繰越という事が可能です。上記から読んでも、「取引所取引」の方がより低価格な税になるときもありますのでふまえてみた方が良いと思います。特にビギナーの方なら、株価の変動や円の状態に一日一日注目して、収益や損分に一喜一憂する事によって、税金においての問題を忘れ易くなってしまうこともあるんです。欠損分は困ります。でも、収入が多くなれば税金についても高騰するので注意と実感をもつ事がポイントです。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.bigtugboat.com All Rights Reserved.