www.bigtugboat.com

外国為替証拠金取引(FX)の面白さは、たった一つの投資の商品であるが投資期間を短い・普通・長いという3種類の期間からどの期間を選ぶかということで、出資の手だてがまったく異なるということにあると言われます。まずは外貨投資する「長期スタンス」について見てみましょう。長期のスタンスとは一年以上の投資を原則としているものです。まず為替レートにおいては一年以上経った後の為替の相場がは円高なのか、逆に円安になっているかを推測するなんてことはほとんど無謀だと思います。実際は、「先の状況は予測できない」というのが実際のところだからです。見当もつかないことを懸命に予言しようとも、そんなことは意味のないことなのです。そんなわけで他国の貨幣を買った場合、その価格よりも円が高めになっていてもそれは近いうちに返ってくるだろうという軽い意識で売り買いに取り組むことが大切です。儲けをがんばって目指すというよりも他からの儲け、要するにスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で稼ぐことを、一番のターゲットにして投資しましょう。当然のことながら少しの期間で為替変動の影響で損失がなることもあります。したがってそのような損が大きくても影響のないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をなるべく少なめで設定する心がけは重要です。外国為替証拠金取引は、損失が一定範囲よりも拡大してしまうと追加保証金(追い証)が発生したりあるいは損切りになったりします。損切りをすることになったらすぐに取引を打ち切りしなければならず、長期のトレードがストップしてしまいます。このようなリスクを避けるにはレバレッジ2?3倍に設定してトレードするのがベストです。第二に中期のスタンスの売買です。中期投資のケースは、最長でも2ヶ月ばかり先を推測しての売り買いになります。為替売買の場合は、約1ヶ月先のことは、ある程度、予知可能かと思います。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などのような国同士の議会の議題や、為替市場で取引している人たちがどういうところに着目しているかを見てみれば、ある程度予測できるのです。こんな経済情勢を見ながらなおグラフを参考にすることによって為替の相場の状況を把握できるようになり、どちらのポジションかをジャッジするのがベストです。基本的に、経済の状態とテクニックのどちらも良い状況でありあるいは買いが一致した時はおおよそその様に動いていくと考えて間違いありません。そうしたら持ち高を増やすことで一層高い儲けを獲得できるのはほぼ間違いないでしょう。最後は短期のコツです。ここでの短期のスタンスが指しているのは、言わばデイトレードのことを言っています。為替市場でデイトレードをするには経済の基礎的条件は決して関連がないと断言できます。なぜならあくる日の相場の動きに、ファンダメンタルズは無関係だからです。この場合の最大のポイントは大きい行事がある時それによって為替相場が大きく動く機会を見逃さないよう行動することです。例として、アメリカ合衆国で雇用者の統計が公示されるもしくは金利政策等によって金利が動くほどの出来事。こんなチャンスに変化を逃さないというわけで、短期スタンスは専門的な要素が必須となる。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.bigtugboat.com All Rights Reserved.