www.bigtugboat.com

為替というものの根本的要因に関しての説明をします。為替を簡潔に説明すると「金の送らない場合でも金銭授受の目標をクリアする取引」を言います。為替の市場は外国為替を言うという事がほとんどです。外為というのは二国間の金銭の換金を行う事です。海外へ旅行(韓国、マレーシア、米国)をしたならばおそらく外為の体験をしたことがあるはずです。銀行の窓口にて旅行先の通貨に換金をしたのであればそれこそが国際為替という事になります。為替のレートを簡潔に説明すると買おうと思っている人と売る側の値を指したものです。銀行のやり取りの結果決まってくるものです。その銀行がマーケットメイカーと言われている指定の銀行であります。為替相場は周辺からの力を受けながらも引き続き刻々と変化します。為替相場を変化させて行く要因はファンダメンタルズというのが言われます。ファンダメンタルズの意味とは経済の動き、経済の土台とか条件のことを表します。経済の上昇や景気状態、物価水準、通貨政策、経常収支、要人発言等々の要因が影響して為替は変化して行きます。ことさら国際収支統計や無就業者数は影響力が大きいと思われます。国際収支統計とは、日本では財務省の指図で日本銀行が貿易統計を土台として集計した海外との任意の時期のトレードを書いたものです。貿易収支は行政機関や日銀のホームページ等で見ることができます。就労者の統計、失業者の数も影響することが多い要因と言われます。ひときわ米国の就業者の統計は影響します。毎月公示され、検証の範囲が幅広いことがミソです。為替の状況はその国の経済の変動なのであります。各国の経済の状況を見ることによって為替の状況の把握が可能になると言えるのです。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.bigtugboat.com All Rights Reserved.